DEFENDER-X - ディフェンダーエックス -

不審者事前検知ソフト
DEFENDER-X

カメラ映像から不審者を事前に検知する次世代のセキュリティシステム

防犯監視システム「DEFENDER-X」は人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知するシステムです。
既存の防犯システムへの付加や、用途に応じてさまざまな活用が可能です。

DEFENDER-Xの特長

1.不審者を入場時点で事前に検知し、尾行及び救援要請することで犯罪を事前に防止

従来の監視カメラシステムは犯罪行為を記録しますが、DEFENDER-Xは犯罪の可能性がある人物を事前に検知します。

2.照合用データベースが不要。不特定多数の中から不審者を事前に検知

犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」等の照合方式は、データ外の検知はできません。

3.リアルタイムの監視映像はもちろん、過去の録画映像からも不審者を検知

犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力として役立ちます。

4.既存の監視カメラシステムへの付加が容易

既存の監視カメラを活用することにより、低コストでの導入が可能です。
また、既存システムにも影響を与えません。

5.導入用途も多彩

犯罪防止、防犯強化、薬物による被害防止など、犯罪を減少させることで犯罪者に対する抑止力効果が得られます。

カメラ映像

トラブルや事故の未然防止に役立ち、犯罪の未然防止早期解決にも繋がります。

カメラ映像
下矢印

解析画像

人の振動分析を抽出して精神状態を解析します。

解析画像
下矢印

検知画像

分析結果から不審者を検知し、赤枠で表示します。

検知画像

録画映像からの事後解析例

ボストンマラソン自爆テロ犯人映像の解析結果(犯人A逮捕・犯人B自爆)

ボストンマラソン自爆テロ犯人映像 ボストンマラソン自爆テロ犯人映像

盗撮直後の犯人映像の解析結果

盗撮直後の犯人映像の解析結果

不法侵入直後の犯人映像の解析結果

盗撮直後の犯人映像の解析結果

DEFENDER-Xの運用実績

参考:ロシア国内で約500システム及び諸外国(米国・カナダ・オーストラリア・ドイツ・スウェーデン・スイス・エジプト・ブラジル・ベトナム・インドネシア・中国・韓国・日本)で約500システム強が現在稼動中。

ソチオリンピック

ソチオリンピック

ロシア空港

ロシア空港

ロシア政府機関

ロシア政府機関

ロシアデパート

ロシアデパート

DEFENDER-Xのシステム構成

既存のカメラ・システムに追加することが可能

システム構成例

システム構成例

表示例

表示例

解析結果の表示例

表示例

メンタルヘルス対策にはこちら
Mental-Checker

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせは下記からご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

06-6355-0070

受付時間:9:00~17:00(土日祝休み)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ